ウィッグやかつらは薄毛に悪いのか?

ウィッグは日本語に訳すとかつらの意味になるものですが、部分的なものもあり、薄毛をカバーする外にもおしゃれを楽しむためにも用いられています。ウィッグやかつらは頭にかぶってしまうものですが、薄毛が気になる人にとって頭皮への影響はどんなものがあるのでしょう。
まず、かつらやウィッグをつけることにより汗で蒸れることもありますし擦れたりもともとの地毛をひっぱてしまったりといった事があげられます。また、頭部を圧迫すれば栄養を運んでくれる毛細血管を詰まらせてしまう事もあるのです。

 

そして、かつらやウィッグなどで直接頭皮に触れるネット部分の素材が化学繊維で作られている場合もあります。これは、軽さを求めて作られているものに多いのですがその部分が直接頭皮に当たって汗をかいた場合、汗で化学物質が溶け出してしまうことがあるそうです。粘着性の部分かつらも同様で接着するために皮膚呼吸できなくなるために更に頭皮への負担は大きくなってしまうようです。

 

短期間や一時的にしようされるのでしたら大きな問題は無いようですが長期的にしようされる場合は、注意しなければならないことが沢山あるようです。