男性と女性のハゲ方の違い

男性と女性ではホルモンの違いなどからはげ方にも大きな違いがあるのです。

 

男性型脱毛症と言われるものは、原因は、血流不足から髪が抜けてしまうタイプが多いようです。男性ホルモンが多く、更に脱毛遺伝子があるとしっかり頭皮ケアをしていても薄げになる可能性が高いようです。脱毛遺伝子の設計図に従って作られているタンパク質の一つが脱毛の原因となっていると考えられます。遺伝の影響もあると言われていますが、男性ホルモンによって神の成長が止まる事が大きな原因のようです。

 

女性型脱毛症と言われるものは、びまん性脱毛症とも呼ばれていて主な原因として考えれれているのが過度のストレスによるホルモンバランスの崩れや激しいダイエット間違ったヘアケアそして、加齢によるものとされています。びまんとは、広範囲に平がると言う意味で、男性のように局部的に薄くなるのではなく全体的に薄毛が広がっていくのが特徴と言えます。

 

髪が抜けてしまうわけではなく髪の一本一本が細く痩せてしまう事から全体的に薄くなったように見えると言ったところのようです。
女性は当然、男性ホルモンが少ないので脱毛遺伝子を持っていても正しい頭皮ケアさえしていれば薄毛を防ぐ事は充分に可能な事なのです。また、年齢には関係なく閉経後の女性の方が改善する可能性が高いと言われています。